中日・又吉が「左腹斜筋損傷」と診断 ツイッターが好評も… 

2020年06月27日 18時25分

中日・又吉

 中日は27日、又吉克樹投手(29)が前日26日に左脇腹に痛みを覚え、名古屋市内の病院で診察を受けた結果、「左腹斜筋損傷」と診断を受けたと発表した。

 又吉は今季3試合に登板して防御率0・00と好スタートを切っていたが、26日の広島戦(ナゴヤドーム)では6回に2番手で登板し、一死後に安打と2四球で満塁の危機を迎えたところで降板していた。

 ツイッターのフォロワー11万人以上を誇り、チーム内では〝SNS広報担当〟とも期待されていた矢先のアクシデント。一日も早い復帰を願いたい。