Gリリーフが大炎上!継投裏目で1イニング7失点 山田哲には満弾浴びる

2020年06月27日 17時06分

投手交代を告げた原監督はこの表情

 巨人リリーフ陣が大炎上だ。27日のヤクルト戦(神宮)は先発の田口が好投。岡本の今季3号ソロなどで6回に逆転に成功し、左腕は5回2失点でマウンドを降りた。

 ところが、試合は逆転直後の6回裏に暗転。まずは2番手・高木が誤算だった。先頭の村上に右翼へソロを浴びると、一死後なおも連打を浴びて一、三塁と危機を拡大。ベンチはあわてて宮国にスイッチしたが、右腕もツバメ打線の勢いを止められなかった。
 
 宮国が一死満塁から青木に逆転二塁打を許すと、巨人は4番手・藤岡を送り込む。その藤岡もいきなり坂口に四球を与えると、とどめは再び満塁から山田哲に左翼へグランドスラムをたたき込まれた。
 
 結局、この回だけで投手3人を費やし、6安打3四死球、打者12人の猛攻を浴びて一挙7失点。開幕前から指摘されていたブルペン陣が不安を露呈した格好だ。