西武・辻監督「9回のアレが痛かった」と嘆いた一打

2020年06月25日 21時42分

西武・辻監督

 西武が25日のソフトバンク戦(メットライフ)に2―4で敗れ2連敗。本拠地で通算2勝4敗と黒星が2つ先行した。

 7回まで相手先発・バンデンハークにノーヒット投球を許す展開。8回に山川の内野安打でそれを阻止すると、木村の適時打などで2点を返すも反撃はそこまで。開幕カードの日本ハム戦に続き2カード連続の連敗を喫してしまった。

 辻監督は「素晴らしかったね。やっぱり球威があって、あれだけストライクを先行されて、変化球もキッチリ投げられたらそう打てるもんじゃない」とバンデンハークを称えるしかなかった。

 8回に山川の足で稼いだ内野安打が偉業阻止の一打となったが「本当に1本も打てないんじゃないかというくらい。あれがキッカケになったけど、その前に中村の併殺になった当たり(遊ゴロ)が抜けて1点取っておけば、チャンスはあると思っていた。やっぱり流れから言ったら9回のアレが痛かった」と、宮川が松田宣に浴びた適時打を残念がった。

 5回82球2失点で降板した先発・本田については「だいたい本田はそこらへんですから。そこらへんで急にガクッと来る。そこで中途半端に浜屋にわたすより…というところです」と継投の根拠を語った。

 未知の同一カード6連戦の前半が終わり1勝2敗。指揮官は「(明日も)また一緒か。ピッチャーはお互いに違うんで切り替えて。また明日から3つだと思ってやるしかないでしょう」と前を向いていた。