西武・今井 6回途中7失点KO…「気持ちの面など反省」

2020年06月24日 21時13分

ソフトバンク・今宮に3ランを浴びた西武・今井

 24日のソフトバンク戦(メットライフ)に今季初登板した今井。初回、いきなり先頭の栗原に中越え二塁打を許すと、柳田に四球を与え一死一、三塁とピンチを広げバレンティンの犠飛で先制された。

 長谷川の中前打でさらに一、二塁とされ、上林に初球ストレートをドカン。バックスクリーン左への3ランでいきなり4点のビハインドを背負った。

 しかし、すぐに強力味方打線が反撃開始。その裏、山川の1号追撃3ラン、3回にも山川の同点犠飛で同点に追いつき4回には金子の逆転犠飛、スパンジェンバーグの適時打であっという間に6―4の逆転に成功した。

 それでも、肝心の今井の投球はピリッとしない。2回以降も四球、安打で走者を背負いながら何とか無失点に抑えていた今井だが、6回にとうとうつかまった。

 甲斐、栗原の連打で一、二塁と走者を背負い、今度は2番・今宮に甘く入ったカーブを左中間スタンドへ1号逆転3ラン。結局、今井は5回2/3を投げ12安打3四球7失点。練習試合では本格化気配を見せていたエース候補だが、フタを開けてみれば打者よりも〝自分との戦い〟に主眼を置くこれまでと変わらぬ姿がマウンドにあった。

 今井は「まずは立ち上がりですね。練習試合や紅白戦でやってきたことを出すことができませんでした。気持ちの面など反省点が残ります。また6回のホームランについても、あそこはボール球でもよかった場面。低め低めという意識で投げなくてはなりませんでした。次回以降、今日の反省を生かしていかなくてはなりません」と反省ばかりを口にしていた。