プロ野球とJ「7月10日」から観客入れて開催

2020年06月22日 15時38分

 Jリーグと日本野球機構(NPB)による新型コロナウイルス対策連絡会議が22日に開かれ、Jリーグとプロ野球ともに7月10日から観客を入れて開催する方針を確認した。

 Jリーグは7月10日に予定されるJ2の岡山―北九州戦(Cスタ)を皮切りに観客を動員する。政府方針では観客5000人か収容人数50%の少ない方が目安となっており、8月1日以降は収容率50%以内に入場者数制限が緩和される。

 専門家チームの座長を務める賀来満夫・東北医科薬科大特任教授は、来場を待ち望んでいるファンやサポーターに向けて「ある意味では密室ではないが、密接、密集はする」としたうえで「新たな応援スタイルを確立していただきながら、プロ野球、Jリーグともに観客に入っていただく」と呼びかけた。

 また、無観客試合で開幕したプロ野球では球場周辺に足を運び応援するファンが見受けられたが「球場外でのリスクは当然ある。3密をできるだけ避けてマスクを着け、手洗いをやったり、できるだけ距離を取ってもらうことも守ってほしい」と感染対策を守るよう注意喚起した。