巨人が虎に球団初の開幕3連勝 岡本が値千金の今季1号!

2020年06月21日 19時40分

岡本の今季1号は値千金の逆転弾

 新・若大将の一発で巨人が虎退治に成功した。巨人は21日、阪神に7―1で逆転勝ちを収めて開幕3連勝。試合をひっくり返したのは、4番・岡本和真内野手(23)の特大の今季1号弾だ。開幕初戦に球団通算6000勝目を挙げたばかりの名門球団にとっても初となる、宿敵阪神との開幕カード3連勝。リーグ連覇、日本一奪還に向け、最高のスタートを切った。

 1点を追う4回、岡本は今季初安打を放った丸を一塁に置いて虎先発ガルシアと対峙。2球目の外角への143㌔直球を逆らわずにはじき返した。

「グシャリ」という音とともにグングン伸びたボールは無人の右中間スタンドへ。岡本の特大1号2ランで巨人が逆転に成功した。「ガルシアはボールが動きますので、(センター返しの)意識はあった。来たボールに逆らわず、逆方向にいい感覚で打てました。ピッチャーも頑張っていたので逆転できて良かったし、打てて良かった」と笑顔を見せた。

 6月の練習試合で4本塁打と好調を維持し、自信を持って開幕を迎えていた。頼もしさを増した主砲に、原監督は「自立心の中で、自分の野球のスタイルを確立させようというのが、非常に強くなってきましたね」と目を細める。

 個人調整期間中、岡本はトレーナーと相談して練習メニューを作成し、他の選手たちと群れることなく淡々と汗を流していた。そうした姿勢も指揮官が評価するところで「取り組む姿勢というのは非常に、ひとランク、ふたランク上がったなという感じがしますね。そういうものが結果に結びついているのかもしれませんね」と話す。

 この日の岡本は第1打席と第3打席にも中前打を放ち、3安打で猛打賞をマーク。それでも三ゴロに終わった第4打席について「最後、強引にいったところが反省するところ」と満足しなかった。

 5回には、新外国人パーラに2戦連続となる2号2ランが飛び出すなど、主砲のバットに乗せられてチームは11安打をマーク。立役者の岡本は「(打線に)つながりがあると思うので自分でつながりを切らないように頑張りたいなと思います」とあくまでも謙虚だった。

 球団設立86年目にして巨人は初めて阪神相手の開幕カードで3連勝を飾った。チームにメモリアル勝利をもたらした岡本は、18年33本塁打、19年31本塁打と今季は3年連続30本塁打の期待がかかる。試合数が120試合に減ったものの決して届かない数字ではない。4番が好調を維持できれば、リーグ2連覇、日本一奪還もグッと近づく。