G阿部二軍監督は黒星発進 公式戦開幕に「感謝しないといけない」

2020年06月20日 19時56分

黒星スタートとなった阿部二軍監督

 巨人の阿部慎之助二軍監督(41)は黒星スタートとなった。

 前日(19日)の開幕戦が雨天中止となり、仕切り直しとなった20日のイースタン・リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)。昨秋から指揮官が手塩にかけて育ててきた「阿部チルドレン」が、一軍実績のある日本ハム先発・上沢の前に4回の若林のソロ弾のみと5回1安打に抑え込まれた。その後も打線は振るわず3安打に終わった。先発ディプランは6四死球と制球に苦しみながらも6回6安打3失点と試合をつくったが、1―3で敗れた。

 阿部二軍監督は「ユニホームを着て公式戦をできることを、いろいろな人に感謝しないといけない」と振り返ると「二軍だから負けていいではない。勝って反省しよう、1年間やっていこうと昨日、話した」とあくまで勝ちにこだわる姿勢を見せた。

 もちろんファームの最大の目的は一人でも多く一軍に選手を送ること。前夜は一軍の開幕戦をテレビ観戦。「(6000勝は)ものすごい数字だなと思った。一軍には優勝してほしいし、その中に(二軍から)一人でも入り込んでいけるように教育していかないと。アメとムチを使い分けて一年間やっていく」と青年監督は気持ちを新たにした。