“西武らしからぬ”開幕白星 辻監督「山川の内野安打が大きかった」と笑顔

2020年06月19日 22時01分

ニールとヒジタッチする辻監督

 西武が19日、日本ハムとの開幕戦(メットライフ)で両軍合わせてわずか6安打という「投手戦」を3―0で勝利。6回1安打無失点で勝利投手となった先発・ニールをはじめ4人の投手が散発2安打完封リレーという“西武らしからぬ”最高のスタートを切った。

 奪ったのは4回3本の単打と2四死球などで奪った3点。それを先発・ニールが粘り強く内野ゴロを打たせ6回無失点。その後は平井―ギャレット、増田とつなぎスコアボードに9つの「0」が並んだ。

 辻監督は「勝てて良かったです。ニールは練習試合では2試合ほどフラフラしていた。持ち味を出せないまま開幕を迎えたことに少し不安があったが、ブルペンが非常に良かった。序盤球数が非常に多く心配したんですが、粘り強く0点に抑えてくれたのが良かった」とエースの投球をたたえた。

 その後を3人のブルペン陣が完璧につないだことにも「点を取られていないということは素晴らしいと思う。ただ開幕戦ということで、両チームとも緊張感を感じましたし、打者もまだまだ慣れていない」と言及した。

 決勝点が得意の大技ではなく7人の打者が3単打、2四死球などでつないだ3点だったことで、指揮官は「野球をやっている中で往々にしてこういうことはある。3回まで(有原に)完璧に抑えられていたのに、スパンジェンバーグと源田のヒットからの3点ですから『ああ、なるほど』と思った。打ってつなぐしかないというところでの森の四球だったり最高の山川のタイムリー内野安打(笑い)。あれが大きかったですね」と笑顔だった。