藤浪はメジャーを目指せ 阪神OB・藪氏が助言

2020年06月19日 16時30分

藪恵壹氏

 迷える虎の背番号19に阪神OBの藪恵壹氏(51)が助言を送った。

 藤浪晋太郎投手(26)は3月下旬に新型コロナウイルスに感染した後、5月には練習に遅刻し二軍へ降格。右胸の張りも重なって現在はファーム暮らしが続いているが、藪氏は今季の藤浪復活は「可能」だと見ている。

「今年の春季キャンプで実際に彼を見て注目していた。(臨時コーチの)山本昌さんから手ほどきを受け、投球内容だけでなくメカニックの部分や表情も良くなっていたので本当にいい方向に行っているなと感じていた。それだけに、いろいろ重なってしまってすごく残念。でも自分がやったことだから、当然反省して一から這い上がるしかない。本来ならヤル気もあってのみ込みも早いタイプ。だから(再生は)当然あると思うし、彼の気持ち次第なんですよ」

 では一体どのように気持ちを盛り上げていくべきなのか。

「僕もそうだったように、海を渡ってもいいのではないかと思う」

 近い将来の目標として、メジャー挑戦を今から強く意識することが一つの再生手段になるという。そのためには球団の容認も必要になるが「藤浪君は(日本ハムからエンゼルス入りした)同い年の大谷君と比較してもプロに入ってから数年間の成績は何ら劣らない。向こう(メジャー)に行っていても、おかしくないはず。阪神も藤浪君に『お前、どうしたいんだ?』と聞いて、本人と一緒になって今後の野球人生を話し合うべきだと思う。球団も(本人がメジャー行きを希望するなら)『ダメなら戻ってこいよ』ぐらいの度量の大きさを見せてほしい」と指摘した。

 そんな藪氏は公式ユーチューブチャンネル「ヤブチューブ~藪恵壹の9分タイガース~」を18日に開設。藤浪を含め、古巣にもビシビシと物申すトークの内容も注目されている。