西武・十亀 3回2失点を反省「ストライク先行でいければよかった」

2020年06月11日 16時20分

力投する十亀

 西武・十亀剣投手(32)が11日、楽天との練習試合(メットライフ)に先発登板し3回6安打2失点だった。

 初回、2回といずれも先頭打者に四球を与えながら後続を断ち無失点。しかし、味方打線に大量8点のリードをもらった3回一死から茂木の右中間三塁打を皮切りに鈴木、島内にタイムリーを許し2失点を喫した。

 十亀は「試したいことは試せたが、もう少しピリッとした内容で投げていきたい。先頭に四球を2イニング続けてしまったんで、もう少しストライク先行でいければよかった」と反省を口にしていた。