NPB「開幕前に全選手PCR検査」に現場は戦々恐々

2020年06月09日 16時30分

 現場は戦々恐々だ。日本野球機構(NPB)は8日にオンラインで12球団代表者会議を行い、19日の公式戦開幕前に全選手を対象としたPCR検査を実施することを発表した。

 代表者会議の前に行われた新型コロナウイルス対策連絡会議で感染症の専門家チームから全チーム全選手へのPCR検査を提言された。斉藤コミッショナーは「開幕前に検査ができるよう努力する、やるということで全員合意しています」と話した。

 ただ、球団サイドは不安を口にする。それが「1球団で感染拡大した場合」だ。ある球団関係者は「開幕してから検査して1人の選手が陽性とわかった場合、他の選手が濃厚接触者とされることもあるでしょう。そうなったら試合ができなくなることも…」と話す。当然ながら球団側は一軍主力に感染者が多く出た場合のことも想定している。別の球団関係者は「そうなったら試合にならなくなる。最悪、二軍の選手が出てきて、何とかリーグ戦を成立させることになるかもしれない」と語る。

 開幕前にPCR検査を実施し、開幕後は月1度程度の検査を見込む。安全、安心のための取り組みだが、試合運営には常に心配がつきまとうことになりそうだ。