坂本、大城は気の毒だが…巨人の新型コロナ問題は球界にはむしろプラス

2020年06月05日 16時30分

今春のキャンプで伊原氏(左)と話し込む坂本

【伊原春樹・新鬼の手帳】本当に驚いた。巨人が3日に坂本と大城について新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表。思わず耳を疑った。

 2日の西武との練習試合で2人とも先発出場していただけに事情がのみ込めなかったが、詳細を聞くと無症状で他人にうつす可能性は極めて低いとされる「微陽性」ということらしい。4日の再検査では2人が陰性になったと聞き、何はともあれ安心した。

 彼らが感染してしまったことは気の毒だと思っている。だがあえて言うならば、プロ野球界全体にとっては開幕前にこのようなケースが判明し、今後の新型コロナウイルス対策を考えていく上でむしろプラスになったと言えるのではないか。

 前提として一つ理解しておかなければいけないのは、巨人がチーム内で選手らを対象に抗体検査を行っていたことである。球団としての率先した行動がなければ、2人の感染歴はおそらく分からないままだった。ただやみくもに「プロ野球界から感染者が出た」と騒ぎ立てるのではなく、このポイントを無視してはいけない。

 つまりプロ野球界、ひいては日本の社会全体の中にも同じような無症状感染者の人たちがたくさんいる可能性は高いということだろう。

 しかし、これは非常にデリケートで難しい問題だ。さすがに重い症状で他人にうつす可能性の高い感染者が球界内から同時多発的に複数出るようなことにでもなったら話は別であろうが、今回のケースは専門家の見解でも明らかにされたように異なる。

 そうかといって世界中の感染者がゼロになってウイルスの撲滅につながるまでシーズン開催を中止し、なおかつ世の中すべての経済活動もストップさせるわけにはいかない。

 そういう意味でも、プロ野球界はこの時点でいまだ「あいまい」ともささやかれる新型コロナウイルスのガイドラインを、誰もが納得できるようにいま一度、さらに厳格に再整備するべきだろう。

 もちろん他球団も巨人勢2人の無症状感染が判明したことで、実は気付かないうちに蔓延してしまう「新型コロナの恐ろしさ」をあらためて知ったはずだ。6月19日の開幕を迎える上で、球界全体が火急の宿題を与えられたと解釈したほうがいい。

(本紙専属評論家)