日本ハム・斎藤佑樹 実戦で“名護カーブ”決めた!ロッテ戦2回1失点

2020年06月04日 15時25分

 日本ハムの斎藤佑樹投手(31)が4日、ロッテとの練習試合(ZOZOマリン)に4回から救援登板し、2回1失点だった。

 久々の実戦登板に、立ち上がりから苦しんだ斎藤。先頭打者の福田に右越え二塁打、レアードに四球を与えて無死一、二塁と早速ピンチを招くと、続くマーティンに適時打を浴び1失点。それでも後続の中村を併殺打、柿沼を空振り三振に打ち取ると、最少失点で切り抜けた。

 そこから立て直した斎藤は、2イニング目を藤岡から始まる打者3人でぴしゃりと抑えて無失点。角中の打席ではオフから習得を始めた変化球“名護カーブ”も外に決まるなど、緩急のついた投球が冴えた。