大島康徳氏が巨人・坂本コロナ“微陽性”に「初めて聞きました」

2020年06月04日 15時00分

大島康徳氏

 ステージ4の大腸がんを公表している元日本ハム監督で野球解説者の大島康徳氏(69)が4日、ブログを更新。巨人・坂本勇人内野手らがPCR検査で「微陽性」と判定されたことについてつづった。

「微陽性!?初めて聞きました」と“新語”の登場にちょっと驚いたらしい。それでも新語の登場を「PCR検査(唾液でも検査可能に) 抗体検査 抗原検査 詳しいことは 理解できていませんが色々な検査体制が整ってきていることは分かります。コロナと向き合いながら社会の動きを止めないことを目的にこれらの検査をうまく活用できるシステムを作ってもらいたい、と思います」と前向きに捉えた。

 さらに「テレビの報道によると昨日の夜のPCR検査では坂本選手、陰性だったそうですよ!」と付記した。