坂本と大城「コロナ陽性」に球界混乱 他球団は水面下で発令?“巨人アラート”

2020年06月04日 16時30分

新型コロナウイルスの陽性反応が出た坂本。左は原監督

 ついに球界を代表するスター選手までも…。巨人が坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)に、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを3日に発表した。2選手とも無症状で「微陽性」だったというが、6月19日の開幕を目指す日本球界は瞬く間に大混乱に陥った。陽性者が出たことで巨人との練習試合を敬遠する球団も現れ、水面下では「巨人外し」の動きまで繰り広げられていた。

 今回は不幸中の幸いだったのかもしれない。3日午後2時から東京ドームで予定された巨人―西武の練習試合は巨人側から開始1時間前に中止が発表され、球団は夕方から事態の経緯を説明した。

 それによれば、巨人では5月29日から31日にかけて全選手と首脳陣、スタッフら計218人に抗体検査を実施。そのうち選手とスタッフの計4人に、過去に感染した形跡が見られ、専門家の指導を受けながら2日夕方にPCR検査を実施した。その結果、両選手から陽性反応はあったが「微陽性」とされ、専門家も「感染から回復した後、かなりの時間がたっている」との見解を示した。

 ただ「微陽性」とはいえ、一抹の不安はぬぐえない。球団は入院した両選手との濃厚接触が疑われると判断した26人が3日のうちに、4日には原監督ら首脳陣、一軍選手たちがPCR検査を受ける予定という。検査の2週間前までの2人に問題行動もなく、陰性が確認されれば、チームに合流する方針だ。

 ひとまず、6・19開幕に動きだした直後の最悪な事態は避けられたもようだが、坂本らの「コロナ感染」は球界全体に激震を走らせた。球界関係者の一人は「巨人から新たな感染者が出たということが分かり、その瞬間から『ウチは巨人と試合をしたくない』という球団があったのも事実です。さっそく練習試合の相手を巨人から組み替えようと、別の球団との日程をすり合わせ始めていました」と明かした。

 別の関係者によると「2日に巨人と対戦した西武も火の粉を浴びていました。『西武とはやらない方がいいのでは?』とささやかれ、相手を替えようとした球団もありました」。そんな“2次被害”まであり、球界全体がいかに神経をとがらせているかを物語る出来事となった。

 巨人は5日以降の練習試合などのチーム運営は予定通り行う方針だが、4日のBC武蔵との三軍戦(ジャイアンツ球場)は中止とした。今後、前述の26人や原監督らのPCR検査で陽性反応が続出した際には「巨人外し」の動きが加速する可能性もある。

 無症状のまま陽性とされた坂本と大城は一様に驚きつつ「チームから離脱し、迷惑をかけてとても残念です。早く合流して開幕に備えていきたいと思っています」とコメント。この日、東京・大手町の球団事務所で会見した今村球団社長は「全選手が健康な形で、万全を期して開幕を迎えたい」と語った。

 コロナの第2波が懸念される中、同様の事態がどこの球団に起きても不思議ではない。まずはファン待望の開幕を願うばかりだが、巨人では今後も定期的にPCR検査を行う方針。今季はまさに「withコロナ」のシーズンとなりそうだ。