あの亡命男・コラスがソフトバンクに帰ってくる!?

2020年06月01日 16時30分

昨年8月18日の西武戦で初打席初球本塁打を放ったコラス

 ソフトバンク担当記者 にわかに出戻り説がささやかれています。

 デスク 奥さん?

 記者 我が家は極めて円満です。妻が家出したこともありません。

 デスク それは失礼。で、誰のこと?

 記者 新年早々に母国キューバを亡命して姿を消したオスカー・コラス(21)です。

 デスク 米球界移籍を目指して行方不明になった若手有望株か。ソフトバンクが保有権を持っているのに、強行突破を図ったんだったな。

 記者 球団は一歩も譲らず制限選手としています。この状態ではルール上、米球界ではプレーできません。それに年俸も1日につき減額できます。本人からすれば契約は切れているという認識のようでしたが…。

 デスク それがどうして一転して戻ってくるって話になるんだ?

 記者 今回の騒動には裏で手を引いている人間がいて、その首謀者が諦めたのではないか…と。世界的なコロナ禍の影響もあると思われます。

 デスク メジャーも稼働していない。

 記者 はい。各球団は通達によりスカウト活動を停止しています。それに試合数が大幅減となる中で経費削減が当面の課題です。NPBで結果を出したわけでもない選手に条件面も含めて、どんな手を使ってでも契約にこぎつけようという球団はないでしょう。

 デスク 戻るといっても、どのツラ下げて…という話にならないか?

 記者 まだ21歳で、かねて「調子のいいことを吹き込まれて本気にしてしまったのだろう。早く戻ってくればいいのに」と心配する声はチーム内にもありました。むしろネックになりそうなのは助っ人の供給元であるキューバ政府の心証ではないでしょうかね。何せコラスは亡命を試みたわけですから。

 デスク だな。