関根潤三さん93歳死去 遠藤一彦氏が明かす恩師の“仏一変”エピソード

2020年04月10日 16時30分

03年に野球殿堂入りした関根潤三さん

 元プロ野球大洋(現DeNA)、ヤクルト監督の関根潤三氏が9日午前9時45分、老衰のため東京都内の病院で死去した。93歳。現役時代は“二刀流”の先駆けとして、指導者としては多くの有望選手を育て、ラジオやテレビの解説者としては、温厚な人柄と語り口で多くの野球ファンに親しまれた。本紙評論家たちにも深い悲しみが広がり、大洋監督時代の教え子だった遠藤一彦氏が悼んだ。

 関根さんは私にとっての大恩人。今の遠藤一彦があるのも、関根さんが大洋の監督に来てくれたおかげで、プロ野球選手として育つきっかけをつくっていただいた。

 監督就任1年目の1982年は、どんなに負けても先発投手として辛抱強く使ってくれたし、2年目の開幕前には「お前、わかってんな」と声をかけられ、ぽかんとしていると「開幕いくぞ」。平松さんもまだまだ元気だったから「まさか自分が開幕投手に…」と驚いたことを覚えている。

 こんなこともあった。仙台で行われた日曜日の阪神戦に先発した試合に1回7失点でKO。ベンチ裏でしょんぼりしていると、関根さんがやってきて「お前、火曜日いくからな」。火曜日からは後楽園での巨人3連戦。どやされるかと思ったら、すぐに次の大事な試合に投げさせるという。意気に感じないわけがなかった。

 いつも温厚で優しいイメージの関根さん。それは自分にとっても同じなのだけど、そんな関根さんが鬼の形相で怒った事件が、就任1年目の春季キャンプ。初日を前にした1月31日の夜、ミーティングでの出来事だった。一般的には午後7時から始まるミーティングに遅刻したベテラン選手を一喝したと言われているが、真相はちょっと違う。ベテラン選手は遅刻ではなく、午後6時55分にミーティングにやって来た。だが、関根さんは午後6時50分にすでに来ていて、自分よりも5分も遅れたことに激怒し「おい○○、なめるんじゃねえぞ!」。遅刻じゃないのに…。あれはチームに緊張感を持たせるため、関根さんの“計算”だったんじゃないかと今でも思っている。

 少し前までは球場でもお会いできて、お話しさせていただくこともあったんだけど、この2~3年ぐらいはヒザを悪くして施設に入られたと人づてに聞いて心配していた。ピンチになるとパイポを指でいじりながら、マウンドにやってくるあの姿が今でも目に浮かびます。あの江川卓がいた時代に「日本のエースは遠藤」とまで言ってくれましたよね。私にとって最高の監督さんでした。これまでありがとうございました。(本紙評論家)

☆せきね・じゅんぞう 1927年3月15日生まれ。東京都出身。法政大で41勝を挙げ、50年に近鉄入団。53年から3年連続2桁勝利を挙げ、57年から外野手に転向した。オールスター戦に5度出場し、投手と野手の両部門でファン投票で選出された。現役通算は投手で65勝94敗、防御率3・42。打者で打率2割7分9厘、59本塁打、424打点。大洋とヤクルトで各3年監督を務め、通算331勝408敗41分け。2003年に野球殿堂入りした。葬儀・告別式は家族葬で、日程は未定。喪主は長男優一(ゆういち)氏。