コロナ集団感染第2波? 阪神・小幡が発熱で4人目のPCR検査

2020年04月03日 16時30分

小幡竜平

 恐れていたコロナ集団感染の“第2波”が来てしまうのか。阪神は小幡竜平内野手(19)に新型コロナウイルス感染の可能性が生じたため、PCR検査を受けたことを2日に発表した。

 チームで同検査を受けたのは、すでにコロナ感染が明らかになった藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)に続き、4人目。

 小幡は藤浪や長坂らが参加していた先月中旬の球団外の人物を含む10人以上での会食には顔を出していないが、3月24、25日の両日、寮内にある食堂でコロナ感染が明らかになった長坂と食事をとっていた。これが濃厚接触者とみなされ、チームの活動停止後も、西宮市保健所に経過観察と体調報告を続けていた。1日の夜から2日の朝にかけ、37度以上の発熱および倦怠感の症状を訴えたため、球団が西宮保健所に連絡を入れ、PCR検査を受ける運びとなった。

 高卒2年目の小幡は、西宮市内にある球団の寮生。3月26日のみ藤浪ら最初の感染者が出たことによる消毒のため、寮以外のホテルに滞在したが翌27日には寮に戻り、活動停止中のチームに倣い寮内での待機生活をしていた。球団では藤浪ら3選手の集団感染をうけ、球団内部の感染拡大防止へ、寮内でも寮生同士がむやみに接触を持たないよう「選手間の部屋の行き来」や寮内にある「サウナ使用の禁止」「食事は定食形式で、各自一定の間隔を空けて」など、対策を講じていた。

 新型コロナウイルスは発症まで潜伏期間が最大2週間程度まであるとされる。小幡が「陽性」だった場合、その他の寮生たちへの感染も取りざたされることになる。

 最初の集団感染者の3選手の病状はすでに快方へ向かい、陰性確認のためのPCR再検査を行うメドも立ってきたなかでの一報だけに、4人目の感染者と出た場合、チームの活動休止期間にも影響を及ぼすことになりそうだ。