【東スポ創刊60周年】巨人・原監督「書かれる側として一喜一憂できる唯一の新聞」

2020年04月01日 18時30分

原辰徳監督

【東スポ創刊60周年!各界から祝福メッセージ】巨人・原辰徳監督(61)

 東スポには、いろんな意味で楽しませていただいている部分がありますね。記事を書かれる側としては、一喜一憂できる唯一の新聞というのかな。他とはまた違った視点があるように思いますね。それは、野球においても世相においても。

 自分のなかでは、エンターテインメントとして楽しめるスポーツ紙というのかな。ある時は難しく野球を語ってみたり、またある時は何となく優しく語ってみたりね。そういう点では、エンターテイナーなのかもしれないね。スポーツ紙のなかでも同じ目線ではないところに魅力を感じますね。60歳(本人は61歳)になっても挑戦ですよ。さらに70周年を目指して頑張ってください!