西武3~5日は活動休止 全スタッフに「自宅待機」命じる

2020年04月01日 13時55分

 西武は1日、新型コロナウイルス感染防止のため現在、本拠地メットライフドームで行っている全体練習を2日で取りやめることを決定。当初からの休日だった3日から5日までの3日間、チームとしての活動を休止すると発表した。

 休止期間中は一、二、三軍全ての監督、コーチ、選手、スタッフの自宅待機を命じた。2日は予定通り全体練習を行う予定で3日以降の3日間は報道陣のメットライフドーム、室内練習場等、周辺施設への来場についても自粛を要請している。

 他球団が相次いで活動を停止する中、パ・リーグでは唯一、全体練習を続けていた西武だが、3日の12球団代表者会議で4月中の開幕断念の方向性が出されることを勘案して今回の措置に踏み切ることとなったようだ。