西武・本田 4回1失点「今年は2桁を勝つつもり」

2020年03月13日 15時33分

力投する本田圭佑

 西武・本田圭佑投手(26)が13日、ヤクルトとのオープン戦(メットライフ)に先発登板。3四球を与えたものの、4回を2安打1失点の内容だった。

 4回一死から3番・青木、4番・村上に連続四球を与え続く塩見に甘く入ったスライダーを右線へ2点二塁打されたが、それ以外は危なげなく投球をまとめた。

 本田は「ストライク先行で勝負していこうというのが今日のテーマ。最初の方は、あまりコントロールできていなかったが、3回ぐらいから良くなってきた。4回は打たれてしまいましたけど、先頭の入りがいいと、いいイニングになると思いました」とこの日の投球を総括。続けて「なかなかストライク先行でいけなくて、追い込んでからも決め切れず球数(74球)がいってしまった。今年は2桁を勝つつもりでやっていきたい」と気持ちを新たにした。