ロッテ 恒例のセ・リーグ挑発ポスターに「鳥谷ネタ」ぶち込むか

2020年03月10日 18時12分

鳥谷の獲得を発表する松本尚樹球団本部長

 鳥谷獲得はあの名物企画にも影響するのか。ロッテが毎年、交流戦前に制作するセ・リーグ6球団に向けて対決をあおる“挑発ポスター”だ。

 これまで11回も制作している恒例行事で、昨年はFA争奪戦に敗れ、丸が在籍する巨人に向けて「丸のみにしてやる!」と、皮肉を込めた口上が話題になった。ポスターだけではなく、CGを使用したド派手な挑発映像を球場の大型ビジョンで流すこともあり、交流戦の名物となっている。

 今季の交流戦は当初の予定では5月26日に開幕。その初日から、甲子園球場で阪神―ロッテの3連戦が組まれており、いきなり鳥谷の甲子園凱旋が話題を集めそうだ。新型コロナウイルスの影響で交流戦開催の可否や日程変更などの可能性もあるが、すでにネット上では「交流戦用ポスターのネタに困らない」「鳥谷ネタ入ってくるかな」などと期待の声が上がっている。

 チーム関係者は「まだ何も決まってないだろうけど、このチームなら(鳥谷ネタを)使ってもおかしくないよね」とニヤリ。当然ながらチームと鳥谷にとっては“昨日の今日”状態ではあるが、交流戦が無事に開催されれば、期待通りの場外乱闘が見られるかもしれない。