西武・今井が右手指のマメで次回オープン戦登板回避

2020年03月09日 15時54分

 西武・今井達也投手(21)が右手指にできたマメのため次回オープン戦登板をスキップすることになった。

 8日の広島戦(マツダ)後に西口投手コーチが明かしたもので、3回1失点ながら4四球と制球に苦しんだ4日の中日オープン戦(ナゴヤ球場=雨天ノーゲーム)で発生したもののようだ。

 西口コーチは「本人は大丈夫と言っているんだけど、ここでマメを潰されたら開幕が間に合わなくなってしまう」と11日に予定されていた楽天戦(静岡)の登板回避を決断。開幕を12日後に控えた段階でローテーション候補の予定変更は不安材料そのもの。

 西武先発陣を見渡してみても高橋光、松本、本田…と頭数こそ揃っているものの開幕投手に指名されているニール以外、確実に計算できる投手がいないのは昨年と同様。チームの泣きどころに現時点で上積みは見られない。