ロッテ・佐々木朗希が卒業式出席「とてもリフレッシュができました」

2020年03月01日 20時43分

卒業証書を手に笑顔を見せるロッテの佐々木朗投手(ロッテ提供)

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が1日、岩手・大船渡市の大船渡高校の卒業式に出席した。球団を通じて「久しぶりにクラスメートやチームメートや先生方など、いろいろな人と会えてよかったです。とてもリフレッシュができました」とコメントした。

 1月の入寮後、初の帰郷で「初めて地元から遠く離れて生活を送り始めたことで地元の素晴らしさ、ありがたみを感じることができました。僕にとって一番の場所です」と改めて感じたという。

 高校を卒業し「これからはもう高校生ではないので、一人の社会人として頑張っていきたいと思います」と決意を新たにした黄金ルーキーは2日に帰京し、3日から二軍の練習に合流する。「期待をして応援してくれる地元の方々のためにも、プロでは充実した日々を過ごせるように努力をして、プロ野球選手として明るい話題を提供できる存在になりたいです」と活躍を誓った。