斉藤惇コミッショナー プロ野球3・20開幕戦「できればやりたい」

2020年02月26日 22時00分

斉藤惇コミッショナー

 日本プロ野球史上初の事態となった。日本野球機構(NPB)は26日、都内で緊急の12球団代表者会議を開き、29日から3月15日までに開催されるオープン戦全72試合を無観客で行うことを決定した。併せて29日から3月12日までに予定されている、春季教育リーグも無観客で実施することも決まった。医者などの専門家を交えた対策委員会を立ち上げたことも発表。3月20日からセ・パ同時開幕となる公式戦については今後の状況、政府の方針等を注視した上で判断する。

 今回の緊急会議は、今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際とした国の専門者会議での見解、さらに安倍首相が全国的なスポーツや文化イベントを今後2週間、中止や延期、規模縮小を政府として要請する方針を示したことを受けた形で行われた。

 無観客試合を15日までとした経緯について、斉藤惇コミッショナー(80)は「いろんなチームの試合がバラついている。1~2週間で切ると(球団によっては)13日、11日、16日になったりということが出てくる。15日が完全に区切りですから」と説明。12球団から無観客以外の提案はなく、12球団の完全一致で決議したという。

 3月20日の開幕戦は「できればやりたい」と語ったが、医療施設や薬の開発などの対応ができていない点を挙げ「その状況を見ないと、なかなか今すぐ『こういう形でやります』とは言えない」とした。また万が一、選手や関係者が感染した場合等の対応についても議論の場に挙がったが、結論までには至らず。今後、対策委員会で協議していくとした。