中日新助っ人左腕・ゴンサレスは超まじめ人間 唯一の欠点は…

2020年02月22日 16時30分

阿波野投手コーチ(中)とタッチを交わすゴンサレス

 中日の新外国人ルイス・ゴンサレス投手(28=前オリオールズ3A)の期待値がグングン上がっている。

 沖縄キャンプ中、ここまでロッテとの対外試合(北谷)で初登板した際は、最速150キロを計測するなど1回1安打無失点と好投。「武器は真っすぐ。状態はほぼ100%に近づいてきている。もうちょっとしたら100%になると思う」と張り切っている。

 そんな助っ人左腕はチーム内で超まじめ人間ともっぱらだ。三木コンディショニングコーチは「日本人並みに丁寧に準備をする。朝早めに出てきて、トレーニングコンディショニングをしたり、寡黙にとにかくいろんなメニューをコツコツ忠実にやってくれるので、日本の球界にはなじみやすい。おごったところはまったくない」と目を細める。

 唯一の欠点は走り込み不足だ。しかし、三木コーチは「徐々にメニューをこなしてきて走り慣れてきた。最初はスタミナに不安があって、バタバタだったけど、これからガツンといくんじゃないか。仕上がってないのにこれだけできるんだから、まだまだこれから上がっていくよ」とうなる。

 メジャーへ移籍した昨年の最優秀中継ぎ投手のロドリゲスの代役候補として期待されているゴンサレスだが、このまま走り込みを続けて仕上げていけば、お釣りが出るほどの活躍ぶりを見せてくれるかもしれない。