ロッテ・朗希 3度目ブルペンに感嘆の声

2020年02月19日 16時30分

ダイナミックなフォームでキャッチボールする佐々木朗

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18=大船渡)の投球が徐々にペースアップしている。18日は練習試合(巨人戦)が行われた沖縄セルラースタジアムで練習を行い、3度目となるブルペン入りを行った。

 気温12度と沖縄にしては肌寒さを感じる中、ブルペン入り前にはグラウンドで力強い遠投を披露するなどして好調ぶりをアピール。ブルペン投球ではこれまで5分間を目安に行われていた投球を、今回は捕手を立たせた状態で約8分の間、力いっぱい投げ込んだ。「球数を多く投げさせるために」との吉井投手コーチの提案で前半4分間で23球、1分間のインターバルを挟んで後半は21球。テンポよく投じられる速球の数々にブルペンに集まった多くの報道陣、球界OBから感嘆の声が漏れた。

 練習後、佐々木朗は「特に違和感も疲れもなく投げられたかなと思います」と涼しげな表情。「指にかかった球が何球かあったので良かったと思います」と手応えも口にした。ルーキーの順調な調整ぶりに吉井コーチも「(状態は)上がってきてます。投げる感覚を上げてほしいので、まずは直球から。(重要なのは)彼が気持ちよく投げられてるかどうかです」と評価。次回以降のブルペン投球については「本人の状態を見て」としたが、ここまで好調をキープしているだけに首脳陣からの期待はますます大きくなりそうだ。