広島・長野が一軍キャンプ合流初日に快打 見守った迎打撃コーチ「去年より明らかにいい」

2020年02月14日 07時00分

存在感を見せつけた長野

 広島・長野久義外野手(35)がいきなり存在感を発揮した。長野は沖縄での2次キャンプスタートとなった13日から一軍本隊に合流。フリー打撃ではドラフト1位・森下を相手に8スイングで4本の安打性を放つなど、シーズンさながらの打撃を披露した。

 その後も室内練習場でダッシュやトレーニングなどで汗を流した長野は「初めて会った選手もいたので、しっかりコミュニケーションを取れてよかった」と合流初日を振り返った。見守った迎打撃コーチは「去年に比べれば明らかにいい。早い段階でいいものを見せてくれそうな雰囲気がある」と評価した。