野村克也さん死去 84歳 「ID野球」でヤクルトを3度日本一に

2020年02月11日 12時43分

野村克也さん

 ヤクルトを3度日本一に導くなど、名監督として知られる野村克也さんが死去したことが11日、わかった。84歳だった。

 野村さんは京都・峰山高から1954年にテスト生で南海に入団。強打の捕手として3年目からレギュラーとなり、65年には戦後初の3冠王に輝いた。70年からは兼任監督を務め、73年にリーグ優勝を果たした。その後、ロッテ、西武に在籍し、80年に45歳で引退した。

 通算3017試合に出場し、2901安打、657本塁打、1988打点(いずれも歴代2位)をマーク。8年連続を含む9度の本塁打王のほか、打点王7度、MVP5度など多くのタイトルを獲得し、ベストナインには19度選ばれた。89年に殿堂入り。

 抜群の洞察力と独特の表現で解説者として人気者になると、90年にヤクルトの監督に就任。データを重視した「ID野球」で4度のリーグ優勝、3度の日本一を成し遂げた。99年から監督を務めた阪神では3年連続最下位に終わったものの、後の主力選手を何人も育成。社会人シダックスの監督を経て、2006年から楽天の監督を務め、09年には2位で球団初のクライマックスシリーズ進出を果たした。

 監督通算成績は1565勝1563敗76分け。勝利数は歴代5位。