巨人・坂本 悪夢の2か月連続インフル感染

2020年02月07日 17時39分

前日までは元気に練習を行っていた坂本

 巨人・坂本勇人内野手(31)に2か月連続の悪夢だ。宮崎県内の病院でインフルエンザA型と診断され、7日の練習を欠席。原辰徳監督(61)は合流のメドについて「状況を見てってことですね」とした。坂本は自主トレ中の1月にもインフルエンザB型に感染し、再びブレーキがかかる格好となった。

 また、澤村拓一投手(31)と育成ドラフト1位ルーキー平間隼人内野手(23)もインフルエンザA型と判明し、静養した。