稲葉発言「朗希を五輪に」ロッテ困惑 せっかくスロー調整で育てているのに

2020年02月07日 16時30分

視察に訪れた稲葉監督にあいさつする佐々木朗(左)

 期待されるのはうれしいが…。侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)が6日にロッテの沖縄・石垣島キャンプを視察。ドラフト1位の佐々木朗希投手(18=大船渡)とプロ入り後、初対面を果たした。この場で同監督は佐々木朗の東京五輪出場に関して「少しでもジャパンを意識してくれれば」と“サプライズ選出”に意欲をのぞかせたのだが、この発言がロッテ関係者を困惑させている。

 稲葉監督は井端コーチや建山コーチらとともに午前11時過ぎに球場入り。メイン球場でロッテ・井口監督らと談笑すると、およそ10分後にはブルペンに移動すると五輪代表候補の一人であるロッテ・種市篤暉投手(21)の投球練習を視察した。

 するとその5分後だった。別施設で調整を続けていた佐々木朗が稲葉監督の来訪を知らされブルペンに直行。わずか数秒だったが2人は笑顔で握手とあいさつを交わしプロ入り後初の対面が実現した。

 稲葉監督も予定になかった“サプライズ対面”はうれしかったのだろう。直後の囲み取材で緊張気味にあいさつをしてきた黄金ルーキーに対し「まずはプロに慣れる。そういうところからやって、と。本当に体だけには気を付けて無理をしないようにという話はしました」と言葉をかけたことを明かし、東京五輪に関しても言及した。

「吉井さん(ロッテ投手コーチ)とも話をした中で『いいものを持っている。オリンピックも見据えながら頑張って育てていくわ』という話をしてもらったので。それだけのポテンシャルを持っている選手ですから。こちら側も固定観念を持たず、ルーキーではありますけどまだ半年ありますし、しっかり見ていきたい」と出場の可能性について含みを残したのだ。

 この発言はもちろん稲葉監督なりのリップサービスで、本気で検討しているわけではない。「これから野球界を引っ張っていく人材。本当に焦らず一歩一歩成長してもらいたい」と付け加えた。

 だが、たとえリップサービスでもこの発言を快く思っていないのが佐々木朗をスロー調整で育てているロッテ関係者たち。稲葉監督の発言を聞いたある関係者は困惑気味にこうつぶやく。

「稲葉監督が東京五輪の野球日本代表を盛り上げるために朗希の名前を出す気持ちは理解できます。でも、じっくり育てている我々にとって、正直、うれしくないですよ。朗希は今、本当に投げたくてウズウズしている。そんな朗希をコーチやスタッフが工夫を凝らして日々、無理をさせないようブルペン投球を含め強度の高い練習を我慢させている状態です」

 そんな中で侍指揮官が東京五輪出場の可能性を口に…。同関係者は吉井コーチの発言は冗談とした上で「本人が意気に感じて『もっと強度の高い練習をやらせてください』と言いかねない。育成する側の我々の気持ちも考えてほしいですよ」とやりきれない様子だ。

 当の佐々木朗は「(期待は)うれしい。今のうちに土台づくりをやっていかないといけない」と語ったが、おそらく稲葉監督の発言は真に受けていない。ただ、キャンプインから1週間が経過。主力投手らがブルペンで力強い投げ込みを行う中、佐々木朗だけはキャッチボールやランニングなどいまだ自主トレのような調整の毎日だ。これでは「令和の怪物」もさすがにうっぷんがたまる。刺激的な発言に心が惑わされるかもしれない。

 佐々木朗はこの日、室内練習場で3分間、平地ながら初めて投球間と同じ18・44メートルの距離でほぼ全力投球のキャッチボールを行った。直後の表情は緩みっぱなしで、練習後も「いつもより投げる距離が近くて、気持ちよかったです。(距離が)近いので球が行っている感じがする。投げやすかった」と笑みを浮かべた。本人の投げたい気持ちが理解できる。

 そんな折の稲葉監督の「五輪発言」だ。「とにかく今はチーム全体で朗希を大成させることを目標に掲げているので。今後はOBを含め、朗希への五輪話は控えてほしいのが本音です」とは前出関係者。

 スター候補生を育てる球団側の悲痛な叫び。球界、そして佐々木朗に届くのか。