中日ドラ1・石川昂 早くも大物の片鱗

2020年01月31日 16時30分

場外弾のボールにサインをした石川昂

「並の高校生ルーキーではない」。中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18=東邦)に驚嘆の声が上がっている。

 30日、二軍キャンプ地の沖縄・読谷球場で合同自主トレが始まり、プロ入り初の屋外フリー打撃に挑戦。35スイング中、安打性の打球は11本で柵越えは6本あった。そのうち2発は、風速10メートルの強風を切り裂き、推定飛距離130メートルの場外弾となり、圧巻の怪力ぶりを披露した。

 打球を目撃した平田は「飛ばす能力はある」と脱帽。それでも石川昂は「風があって全然飛んでいなかったけど、センター方向への打球はいいスピンの利いた打球が飛んでいたと思う。あんまり遠くへ飛ばすことは意識しない。飛ばすというよりは質のいい打球を打とうと考えている。(力は)8割ぐらい。あんまり思いっ切り振らないので」と平然と話した。

 新人らしからぬこだわりもある。バットは広島・鈴木誠也モデルから0・5ミリグリップを細くしたものを使用するが、この日、左手のグリップ部分が「疲れる」としてさらに1ミリ細くするようにアシックスの担当者・岡本哲氏に要望。さらにそのバットは通常されているコーティングをせず、バットを素の打感で振れるようになっているという。

 岡本氏は「(コーティングなしは)ウチでは昨秋からできるようになった技術で、そのバットを使っているプロ野球選手は私の知る限りでは石川(昂)君と大島さんの2人だけです。打球がバットに食いつくような感じ。高校生がここまでこだわりを持っているのはすごいこと」と舌を巻く。さらに「バットをこのキャンプ前までに約10本渡しているけど、折ってしまったのは2、3本とかなり少ない。普通の高校生ルーキーならもう10本以上は折っているはず」。新人離れした石川昂の才能にはメーカーも驚くばかりだ。

 練習を終えて石川昂は「疲れました。先輩がたくさんいたので精神的な部分でいろいろと」と苦笑するが、打棒もこだわりも規格外の黄金ルーキーの今後が楽しみだ。