西武・辻監督 ライオンズ70周年記念ユニに笑顔「これ着たかった」

2020年01月29日 14時59分

記念ユニを披露した辻監督。左は松坂

 西武は28日の「出陣式」で今季、2020年シーズン中に着用する「ライオンズ70周年記念ユニホーム」を公開した。

 球団が所沢に移転した1979年から2003年までの25年間、ホームゲーム用の胸のロゴが筆記体「Lions」だったオールドユニホーム。出陣式では辻監督、松井稼頭央二軍監督、松坂、源田、森が着用し、集まった1500人のファンに披露された。

 辻監督は「これ着たかったんで非常にうれしいです。入団から(ヤクルトへ)移籍するまで全てこれだったのでこれしか知らないです」とニッコリ。松井二軍監督も「なんか若返ったなと。色合いもそうですけど、非常に懐かしい」と同調した。

 さらに松坂は「先ほど裏で着替えて鏡に映る姿を見て、非常に懐かしく、入団した時のころを思い出しましたね。試合数は多くないと思うんですけど、このユニホームを着用する時にぜひ投げたいですね」と感慨深そうだった。