メジャー282発のオリックス新助っ人アダム・ジョーンズ来日「勝てるようにプレーする」

2020年01月26日 20時18分

本紙カメラマンにスペシャルポーズを披露するアダム・ジョーンズ

 オリックスに新たに加わったメジャー通算282本塁打の大物助っ人、アダム・ジョーンズ外野手(34=前ダイヤモンドバックス)が26日、関西空港に来日した。

 数百人のファン、マスコミが待ち構える中、ジョーンズが姿を見せると到着口が騒然となった。ファンがサインを求めて殺到し、警備員が「危ないですよー!」と絶叫。ジョーンズはファンにもみくちゃにされながらも何とか歓迎セレモニーを終え、隣接するホテルで記者会見に臨んだ。

 到着口での騒ぎを「あの瞬間は、自分はマイケル・ジャクソンかと思ったよ」と苦笑いで振り返ると、疲れを感じさせないリラックスムードで「妻と海外で住めたらと話していたら、こういう機会をもらった。日本でプレーできて光栄に思う。上原浩治ともプレーして日本のいいところは聞いていた。チームのためにベストなチームメートでいたい。健康第一に考え、プレーを楽しみたい」と豊富を語った。

 さらに「優勝というのは保証できない」とドッキリ発言。続けて「ただ自分が一生懸命、勝てるようにプレーすることは確実に保証します」と約束した。