広島・鈴木誠也が若手選手に金言 わが道を行け

2020年01月22日 16時30分

若鯉を引っ張る鈴木誠

 広島・鈴木誠也外野手(25)が“主体性のススメ”を説いた。宮崎・串間での自主トレを打ち上げた鯉の主砲は21日、大野練習場での合同自主トレに合流。新人らとあいさつを交わし「開幕も早いのでみんな初日から仕上げてくると思う。僕も圧倒されないように頑張りたい」と意気込んだ。

 オフ恒例だった内川塾を卒業し、同僚や後輩らと行った自主トレではアドバイスを送ることもあったが「人に伝えるというのは難しい」と発見もあった。その上で強調するのは“我が道を行く”ことだ。「人に言われたからではなくて、自分で感じたものをやればいい。『これじゃダメなのかな』と不安になる人もいる。人に答えを聞いて『いいんじゃない』と言われないとできない選手もいる。でもそうじゃない」

 春季キャンプが始まれば、球団OBや評論家ら多くの野球関係者が訪れ、よかれと思って選手に技術的な助言をすることもある。しかし、それが逆効果となることもしばしば…。自身も失敗を繰り返してきたという鈴木誠は先輩たちの助言に耳を傾けながらも「自分がいいと思ったらそれを貫く強い意志を持ってやってほしい」と声を大にする。チーム力アップを望む主砲の熱い言葉が若鯉にどう響くか。