ヤクルト ドラ1奥川は二軍キャンプスタートが濃厚

2020年01月17日 16時30分

厳しい表情の奥川

 今後はじっくり調整にシフトだ。ヤクルトは16日にドラフト1位ルーキーの奥川恭伸投手(18=星稜)が右ヒジの軽度の炎症のため、今後はノースローで練習を行うと発表した。昨年11月の検査で発見された炎症が前日15日に横浜市内の病院で行った再検査で完治していないことがわかり、大事を取った形だ。

 小川淳司GMは「結果として炎症は(11月より)すごく軽くなっている。とはいえ、炎症は少し残っているので」と説明。奥川本人には自覚症状がないが、今後について同GMは「その都度チェックをしながら、確認をして判断していくというところ」と話した。

 新人合同自主トレの第2クールの最終日には遠投を行うなど順調な調整だった。第3クール初日を迎えたこの日はスローイングが絡む練習を除き、メニューは問題なくこなした。奥川は「本当に軽いものなので、そんなに重くは(捉えていない)。この期間をしっかりプラスに捉えてやっていこうかなと思っています」と話した。

 ノースロー期間は未定だが、投げる動作に関してはまた一から作り直すため、2月から始まるキャンプの一軍帯同は極めて厳しい状況だ。それでも奥川は「体幹トレーニングだったりとか(全身の)可動域を広げる。そこが自分の弱いところだと思っているので、しっかり練習して強くなれるように頑張っていこうと思います」と前向きに語った。