広島ドラ1森下 早くも周囲をうならせた“夜活”

2020年01月14日 16時30分

森下暢仁

 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)が“夜の活動”で株を上げている。金の卵は13日、廿日市市内の大野練習場の新人合同自主トレに参加し、キャッチボールやランニング、ウエートトレーニングなどで汗を流した。

 佐々岡真司監督(52)が視察に訪れるなか、毎年恒例の坂道ダッシュにも挑戦し「あの長さはしんどかった。(監督が来て)アピールしないとという気持ちになった。もっともっとアピールしていきたい」とキッパリ。自身の背番号18を譲った指揮官は「キャッチボールでは球の回転がよく素晴らしいボールを投げていた。走る姿もバランスのいいフォームでセンスを感じる。オーバーワークにならないように調整していってほしい」と絶賛した。

 ただ、センスだけでなくその努力家ぶりでも周囲をうならせているという。「夜間にマシンの音がしているので見たら、森下が室内練習場に出てきて熱心にバント練習をしていた。新人ならば投げることで頭がいっぱいになりそうだが、先を見据えて一軍で打席に入ることを想定しているのだろう」(チーム関係者)

 もともと打撃好きだという森下だが、新人合同自主トレではボールを使う打撃練習はなく、今後も投手の打撃練習の予定はない。そのため、入寮のわずか数日後から夜な夜なひっそりとバント練習にも取り組んでいるのだという。そんな姿に周囲も感心しきり。「投手だから投球だけをすればいいというわけではない。いろんなことをやっていかないといけない」という森下。開幕ローテ入りに向けて必死の日々は続く。