復活するしかない阪神・藤浪 山本昌臨時コーチの顔に泥は塗れぬ

2020年01月12日 16時30分

 阪神が“藤浪復活”に向けて待ったなしの状況に追い込まれている。

 プロ入り後初めて0勝に終わった悩める右腕のため、矢野監督は秋季キャンプの臨時コーチとして山本昌氏(野球評論家)を招聘。「手首を立てろ!」などプロ通算219勝のレジェンド左腕による手取り足取りの熱血指導により「自分の発想にはない話だった。いい話を聞けた」と手応えをつかんだようだ。

 ただ、復活に自信ありなのは藤浪本人だけではない。実は山本氏自身が親しい関係者に「俺ならば復活させることができる。そのための知識は持っている」と豪語しているというのだ。そんなありがたい言葉にチーム関係者は「あれだけの実績を持つ方がそこまで言ってくれるのは本当に心強い。うちのスタッフだけでは手詰まりになっていたから…」とニンマリだ。

 しかし、いいことずくめとは限らない。これで藤浪が今季も大コケとなれば、意を決して他球団である阪神の臨時コーチを務めた山本氏の顔に泥を塗ることにもなりかねない。別のスタッフは「昌さんがこれだけ言ってくれているのに藤浪が復活できなかったらと思うと…。恥をかかせるわけにはいかない、何が何でも復活してもらわないと」と声を大にする。

 秋季キャンプでの指導がナインから大好評とあってすでに春季キャンプでの“再登板”は決定済み。沖縄でも山本氏から熱血指導を受けることになる藤浪だが、今年こそ完全復活するしかない。