ヤクルト・ドラ1奥川“大投手への道を極める”

2020年01月11日 16時30分

展示された自身の写真にサインをする奥川(代表撮影)

 大投手への道を歩む。ヤクルトのドラフト1位・奥川恭伸投手(18=星稜)は、10日に東京ドームホテルで行われたNPB新人選手研修会の午前の野球殿堂博物館見学で“ある先輩”のパネルの前で立ち止まった。それは国鉄(現ヤクルト)、巨人で活躍した400勝投手・金田正一氏の写真が収まったパネルだ。奥川は「改めて400勝という数字はとてつもないものだなと感じました」と真剣な表情で話した。

 また燕の金の卵は「400(勝)は多分、厳しいんですけど、たくさん勝ち星を挙げられるような投手になりたいと思うので、これから一生懸命頑張っていきたいと思います」とも語り、プロ野球界の“大投手”への道を極めると宣言。

 展示してあった自身の写真にサインした右腕は「まさか自分の写真があると思っていなかったのでびっくりしました」とした上で「こうやって飾っていただけるので、それにふさわしい選手になれるようにこれから頑張っていきたいと思いました」と気合を入れた。