オリックス新人合同自主トレスタート ドラ1宮城「負けないように」

2020年01月08日 16時11分

合同自主トレをスタートさせた宮城

 オリックスのドラフト1位・宮城大弥投手(18=興南)ら新人12選手が8日、大阪市内の合宿所で合同自主トレをスタートさせた。

 キャッチボールや体幹トレで汗を流した宮城は「普段とは違うメニューをやって、きつかった。隣で投げている前(佑囲斗)君(18=津田学園、ドラフト4位)の方がキレがよかったし、中田(惟斗)君(18=大阪桐蔭、育成3巡目)も腕の振りがよかった。沖縄ではいいボールを投げる選手が何人かしかいないけど、ここに来たら隣が投げていて驚いた。負けないようにしたい」と決意新た。

 愛用のネコの枕については「ネコちゃんは夜中に起きたらベッドの下に落ちていた」と周囲を笑わせた。