西武・源田は選手の心に寄り添うキャプテン

2020年01月07日 16時30分

源田は新室内練習場で中村(奥)らと汗を流した

 肩書がついても背伸びはしない。西武・源田壮亮内野手(26)が“調整型キャプテン”として環境整備に尽力する。

 直近で西武の主将を務めたのは現楽天の浅村に、前任者でレッズと正式契約した秋山。辻監督からの指名で愛知学院大4年時以来の大役を任される背番号6は「今まで僕が西武で見てきた(主将経験者の)人たちは圧倒的な技術を持っていて、すごい数字も出せる選手だった。でも、僕は違うんで、雰囲気づくりだったり、違う形でやっていけたらいい」と抱負も控えめだ。

 源田らしさと言えば、今や球界屈指の遊撃手の呼び声高い安定感抜群の守備力に、投手陣がピンチになるたびマウンドに歩み寄って若い投手を盛り立ててきた気配りや目配り。なにより仲間が苦しい状況に置かれた時、傍らに寄り添って声をかけ、状況を落ち着かせる労を惜しまないことだろう。

 辻監督からも「今まで通りやってくれればいいから」と言われているそうで、源田は「みんなが話しやすい雰囲気づくりだったり、コミュニケーションをいっぱい取っていければいいかなという感じですね。相談できる人もいっぱいいますし、先輩たちからも『サポートするから』と言ってもらえてるんで心強いです」とにっこり。

 強烈なキャプテンシーはなくても、周囲との協調を重んじて誰もが発言しやすい雰囲気づくりを得意とする新たなリーダーになりそうだ。