ヤクルト ドラ1奥川に「ノムラID」直接注入望む声

2020年01月06日 16時30分

入寮しガッツポーズをする奥川

 プロでの成功は“あの人”が握る? ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手(18=星稜)が5日に埼玉・戸田の球団寮に入寮した。昨夏の甲子園では星稜のエースとして同校を準優勝に導き、昨秋のドラフト会議では3球団が競合。高卒ながら完成度の高い投手と評される。その1年目は、奥川が憧れるあの人の「育ての親」ともいわれる大物OBの腕にかかっているのかもしれない。

 学ラン姿で両親とともに球団寮に現れた奥川。石川県出身の18歳は「出てくる時はすごく寂しかったですし、いつも何げなく見ていた景色とかも何か違って見えたという感覚があった」と話しつつも「7日から練習(新人合同自主トレ)が始まるのですごくワクワクしています」と笑顔で話した。

 荷物の中には星稜でバッテリーを組んだ山瀬慎之助捕手(18=巨人)と自身の似顔絵の描かれた額縁、そして3冊の本があった。星稜の山下智茂名誉監督(74)から石川をたつ直前に贈られたという本のうち、一冊は野村克也氏(84)の著書「野村克也野球論集成」だった。

 南海、阪神、楽天などで監督を務め、1990年から指揮を執ったヤクルトではデータを重視する「ID野球」で、チームを15年ぶりの日本一にまで引き上げた。その野村氏の印象を奥川は「野球だけじゃなく他の勉強とかもたくさんされている方だと思うので、本当にすごい人だと思います」と話す。

 野村氏は奥川が目標とする田中将大(ヤンキース)の楽天時代の監督で“育ての親”でもある。そんなこともあり、チーム内では「村上が(二軍キャンプ地の)西都に来ていた野村さんにアドバイスを受けたこともあるし、奥川もそういう機会に恵まれれば」と、野村氏と奥川の対面を望む声が出ている。

 野村氏は村上がルーキーイヤーだった2年前に宮崎・西都の二軍キャンプ地を訪れ「技術面ではなくて、考え方とかをレクチャーしてくれた」(関係者)という。その村上は2年目の昨季、36本塁打、96打点の成績で新人王を獲得するまでに大ブレーク。そこで「ぜひ奥川にも」ということになっているのだ。

 奥川は1年目の抱負を「初めてのことばかりだと思うんですけど、環境にしっかり慣れて充実した一年を送れればいいかなと思います」。そこに「ノムラの教え」が注入されれば…。ルーキーイヤーから一気に飛躍の年となるかもしれない。