【プロ野球大将】「お前騒動」でひと悶着の与田監督

2019年12月28日 10時30分

【プロ野球大将 「あなた」の大将:与田剛監督(中日)】スタンドからの心ないヤジに選手や監督がヒートアップしてやり返すというシーンは、まれに見かけます。ただ、長年ファンの間で親しまれてきた応援歌の歌詞に“物言い”をつけたのは、おそらく与田監督が初めてでしょう。

 問題となったのは、ピンク・レディーのヒット曲「サウスポー」の替え歌にある「お前が打たなきゃ誰が打つ」の「お前」の部分でした。指揮官は選手をお前呼ばわりするのは「教育上好ましくない」と疑問を呈し、球団を通じて対応を求められた公式応援団が「サウスポー」の自粛を決定すると、ワイドショーやネットを巻き込んでの大騒動に発展。なかには「言葉狩りだ」などの反論まであり、問題提起した与田監督も「不本意な方向に行っている」と困惑するばかりでした。

 ちなみに中日は7月1日に「お前騒動」が勃発し、直後の巨人戦に3連敗して自力優勝の可能性が消滅。その後に盛り返しましたが、7年連続Bクラスに沈みました。優勝した巨人の原辰徳監督は選手に対して、ちょいちょい「お前さん」と話しかけています。

【関連記事】