西武・新キャプテン源田「3連覇目指す」

2019年12月25日 13時35分

キャプテンに就任した源田

 西武は25日、リーグ3連覇を目指す来季の新キャプテンにプロ入り4年目を迎える源田壮亮内野手(26)が任命されたことを発表した。

 源田は「この度、キャプテンに指名いただき、とても身が引き締まる思いです。チームとして、まずは3連覇を目指してやっていきます。そして昨年の悔しさを晴らすために、そして日本一を掴み獲るために、キャプテンとしてチームを引っ張っていけるよう全力で頑張ります」と球団を通してコメントを出した。

 源田は2016年のドラフト3位で西武に入団。3年目の今季は打率2割7分4厘、2本塁打、打点、30盗塁でルーキーイヤーから3年連続30盗塁以上(37、34、30盗塁)をマーク。何よりその守備力の高さで2年連続ベストナイン、ゴールデン・グラブ賞を受賞し西武のセンターラインになくてはならない存在となった。

 なお西武の主将交代は18年の浅村、19年の秋山に続き3年連続のこと。

【関連記事】