去就が注目される鳥谷敬 現在の状況を隠すことなく激白

2019年12月25日 05時00分

小籔(左)がMCを務める番組に出演した鳥谷

 阪神を今季限りで退団した鳥谷敬内野手(38)がこのほど、吉本新喜劇座長の小籔千豊(46)がMCを務める関西テレビのスポーツ番組「こやぶるSPORTS 大忘年会SP」(30日午後3時50分=関西ローカル)の収録に参加した。

 今年のスポーツ界を盛り上げたアスリートを表彰する「ぶるっとアワード2019」の“スターでまじめ 長く活躍してくれたで賞”受賞者として、トロフィーを贈られた鳥谷は「まじめっていうのが…。もう38歳なので恥ずかしいですけど、うれしいです」と苦笑いした。

「鳥谷敬に一番聞きたいこと集めましたSP」と題し、各界の阪神ファンから集められた質問に「怖いですけど…」と不安そう。来季の去就が注目されていることもあって、「新しい目標はなんですか?」という問いに「今38歳ですけど、22歳で入団したときの38歳のイメージよりも体が動く。この感覚でどれくらいまでやっていけるか維持するのも目標だし、自分がどう感じていくのかが楽しみ」と回答した。

 現在の状況も包み隠さずに激白。さらに踏み込んだ「条件は出してるんですか?」という質問やスタジオ出演者からの「将来、阪神の監督オファーがきたらどうする?」「今、どうやってモチベーションを保ってる?」といった質問にも答えた。

 また“ミスタータイガース”掛布雅之氏(64)が「誰にも話したことはありません。彼が縦じまのユニホームを脱いだから話せること」と、今だからこそ明かせるエピソードを告白。掛布氏が「皆さんが見ているのは、鳥谷の氷山の一角のキレイな部分だけ。僕は氷山の下のドロドロ・ゴツゴツしたような鳥谷を見ている」と語る鳥谷の真の姿にも注目だ。