阪神・梅野にオフの“働き方改革”を

2019年12月17日 16時30分

振る舞いも堂々としてきた梅野

 オフの“働き方改革”が必要かもしれない。今季129試合に出場し、いずれも自己最高となる打率2割6分6厘、9本塁打、59打点をマークした阪神・梅野隆太郎捕手(28)が16日に兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、倍額の年俸1億円でサイン。「期待を裏切らないようにしたい。自分が捕手としてやらなければならないことはチームを優勝に導くこと。周囲からの評価をいい意味でプレッシャーと感じながら自分の力に変えていきたい」と力強く抱負を語った。

 かねて目標として掲げてきた“チームを勝利に導ける捕手”へと成長するためにも「シーズンを通して戦える体力を貯金できるようなオフにしたい」と意欲的だが、チーム内からは梅野の“多忙すぎるオフ”に頭を悩ませる声も上がっている。ある球団関係者は「今や梅野は全国屈指の人気球団・阪神の顔にまで成長した。当然ながら今オフには関西圏を中心にトークショーなどのイベントがギッシリとつまっている。2月のキャンプインまでにしっかりと自分の時間を確保し、充実した調整ができるかどうか…」と心配顔だ。

 梅野は12月上旬だけで少なくとも7件のイベントに出席している。多忙なスケジュールの合間を縫ってトレーニングを積むことも可能だが、オフはしっかりと休むのも仕事。多忙な師走を乗り越え、来季も元気にグラウンドで暴れられるか注目だ。 

(金額は推定)

【関連記事】