中日・根尾が平田と海外自主トレ 球団も大歓迎

2019年12月16日 16時30分

根尾昂

 中日・根尾昂内野手(19)が年明け1月3日から17日まで米国ロサンゼルス近郊で自主トレを行うことになった。平田良介外野手(31)が「根尾はプロ野球の自主トレをどうやればいいかあまりわからないと思ったので」と声を掛けたことで2人の海外合同自主トレが決定。費用はすべて大阪桐蔭高の先輩である平田が負担するという。

 2年目の飛躍を目指す根尾にとって、先輩の平田と一緒にトレーニングができるのはプラスになるはず。立石二軍野手総合コーチも「それはええと思うよ。そういうところで新しいものを見てくるのは。何でもいいから吸収した方がいい。若いうちはいろんなことをやった方がいい。(平田から)外野の守備とかを学べるのは大きい。どれだけパワーアップするか。ここまで段階を踏んできたのでちょうどいいのでは」と根尾の海外自主トレに大賛成だ。

 注目度の高い黄金ルーキー、それも実直な性格なだけに国内では何かと気苦労が多い。9月には横断歩道のない道路を横切ったことを通報され、球団が厳重注意処分を与える騒ぎがあった。「あんなことで通報されるなんて。まだ19歳だよ。これじゃあリラックスできないよ」(球団幹部)と根尾がストレスをためてしまわないか心配されていただけに「海外で新鮮な気持ちでスタートを切るのはいいんじゃないか」という声も球団内からは上がっている。

「僕もある程度、年俸が上がるまで(自主トレの費用を)荒木さん(一軍内野守備走塁コーチ)に出してもらっていてありがたかった。また根尾が一流の選手になったときに後輩を連れて行ってくれたらいいなと思います」(平田)。プロで初めてのオフを迎える根尾にとって先輩・平田の存在は何より心強いものとなりそうだ。 

【関連記事】