佐々木朗希 ロッテ工場見学「何事も積み重ねが大事だと改めて感じました」

2019年12月10日 21時12分

ロッテ浦和工場を見学した佐々木朗希(球団提供)

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18=大船渡)ら新人7選手が10日、ロッテ浦和工場を訪問した。

 人気商品の「コアラのマーチ」「ガーナミルク」の生産過程を見学した佐々木朗は「工場を見学するのは初めてでした。一つのお菓子を作るのに細かい過程があり、いろいろな人が携わっていることが印象に残りました。自分も投手として過程を大事にしながら、一つひとつコツコツと取り組んでいくことで、目標とする沢村賞を取れる投手になりたいと思いました」とコメント。

 同社の看板商品「パイの実」の生産ラインは見ることができなかったが「パイの実が64層から成っていることを聞いてとてもビックリしました。何事も積み重ねが大事だと改めて感じました。自分もプロの世界で一つひとつ積み重ねていきたいと思いました」と商品に絡めた満点回答で周囲を喜ばせた。

【関連記事】