広島のエースナンバー継承 ドラ1・森下メジャー挑戦の夢

2019年12月10日 16時30分

佐々岡監督、マエケンもつけた18番を背負う森下

 コイのエースナンバーが4年ぶりに復活だ。広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)が9日に広島市内で新入団発表会見に臨み、背番号18をファンに初お披露目した。最速155キロ右腕は18番の先輩であるドジャース・前田を目標に、将来的なメジャー挑戦の夢まで明かした。

 イケメンルーキーの言葉は力強かった。「このチームでリーグ優勝、日本一になりたいと思っているので貢献できるように頑張りたいと思います」。エースナンバーのユニホームに袖を通した森下は「カープの18番は監督もつけていましたし、前田健太投手もつけていたので本当に重みのある背番号」と表情を引き締めた。

 そんな森下を高校生だった4年前から追い続けた苑田スカウト統括部長も感慨深げだ。「彼は大分商のころから最上位候補の選手でしたからね。進学となってウチも一度は引いたが、ぎりぎりでグラついているという話が入ってきてね。実は慌てて明大に進路を確認したほど。最後はお母さん(美生さん)の『大学に行きなさい』という言葉で決まったらしいけど、結果的に大学で主将をやったことが成長につながったんじゃないかな」と精悍さを増した右腕を頼もしく見つめた。

 佐々岡監督はキャンプ一軍スタートをすでに明言。この日は「開幕一軍でローテを勝ち取って回ってもらいたい」と起用構想を描いた。もちろん森下もそのつもり。「新人しか狙えない新人王は狙っていきたい」と宣言した。

 遠い先の夢もある。将来的なメジャー挑戦願望を問われた森下は「行ってみたい気持ちはあります」と秘めた思いを明かした。そのためにも「まずはカープの一員として結果を残さないといけない」と目の前を見据える。大学で花開いた大器が満を持してプロの門を叩く。 

【関連記事】