阪神・大山1700万円アップ「フルイニング出場したい」

2019年12月05日 20時28分

 阪神・大山悠輔内野手(24)が5日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み1700万円増の年俸4700万円でサインした。

 3年目の今季は開幕から4番を任され打率2割5分8厘、14本塁打、76打点をマーク。一方で極度の不振から106試合目にして4番降格の屈辱も味わい「しんどい部分はあったが、プラスになることもあった。この経験を生かして、もっとチームにプラスになるように頑張りたい」と来季に向けて意気込んだ。

 ジャスティン・ボア内野手(31=エンゼルス)の加入によってポジション争いがシ烈になるが「自分は自分のことをしっかりとやるだけ。143試合、フルイニング出場したい」と掲げた。

(金額は推定)

【関連記事】